自然の話 1

18th. Feb. 2004.


  セブ島のお天気

  セブ島の田舎に移住してから、何となく気がついたことですが、これまで日本にいた
  時の常識、「お天気は西から変わる。」が当てはまらないことです。

  こちらに来てからも、常に西の方向を見て、雲の様子を見ていたのですが、どうやら
  それが間違いであることに気付いたのです。 そうです。 こちらではお天気は北東
  から変わるのです。 日本の場合、偏西風が吹いているために西から変わるのです
  が、こちらでは主に北東の風が多いからのようです。

  ですから、北東の方向に見える雲がどんどんこちらにやって来るのです。
  こちら特有の短時間だが、かなり激しい雨もこれが判ってからは、突然降られたなん
  てことは無くなりました。 もうすぐ来るぞ。 と、言えるようになったのです。

  自然・・・・・・空模様のことも含めて、天文に至るまで(なんと大袈裟な)こちらで覚え
  たことや教えてもらったことを書いてみようと思い、このページを作りました。
  だって、百姓仕事にも必須なんですから。


  自分の影が南に !  

  これは、掲示板の常連さん、kabuさんから教えてもらったことです。
  言われてみれば当たり前なんですが、教えられるまで気が付かなかったことです。
  日本に居る時は、常に影は北側に出ましたね。 それは、日本が北回帰線よりも北
  に位置しているからで、フィリピンでは赤道と北回帰線の間に位置していますから、
  1年の内のおよそ半分近くの期間は太陽が北に位置するからです。

  なにしろ、こちらに来て太陽が真上にあるなぁ、とは思っていたのです。
  お昼近くに足元を見ると、影が全く足の上にあったからです。 そして、暑い!!

  ですから、こちらの日差しは生易しいものではありません。 日本の真夏にジリジリ
  と照りつける太陽は、こちらの太陽の弟分のようなものです。(笑)
  日差しが強いと言うことは、陰が濃いと言うことになりますから、車で走っていまして
  も、道路に落ちる木陰が非常に濃いのです。 コントラストが余りに強く、そんな場所
  に穴ぼこがあったりすると、オオ驚いた! なんてことになります。

  写真は、足元に磁石を置いて撮ったものです。 足の方向が北です。
  もう日焼けをして黒くなっている私です。(アッこれは影かぁ。)


    太陽

ツヅキ
inserted by FC2 system